LCCの上手な利用の仕方

日本国内でも近年、外国と同じようにより安く航空機を利用することができるようにとLCCという格安の航空会社が参入しつつありますね。
そのおかげで、普通に格安航空券を購入するのが容易になって来てこそいるのですが、安かろう悪かろうなんて言葉がある通りやはり大手の航空会社に比べるといろんなサービスの質が落ちてしまうというのが現状なのです。
しかし、普通に考えればある意味今まで大手の航空会社の飛行機のチケットが高かったのは単純に航空券への値段を支払っていたというだけではなくその質の高いサービスに代金を支払っていた、と考えれば、それがなくなった分安くなったと考えれば決して安くても悪かろう、なんて方向にはならないかと思います。
しかし、それでも今までの航空機に乗るということと比較してしまうとやはりLCCというのは上手に工夫しなくては快適どころかむしろ窮屈な思いをしてしまう、ということもあるのですね。
それ以外にも、LCCには非常に値段が安いというメリットがある半面、大手の航空会社と比較すると航空便の数自体が少ない、というような特徴もあります。
出発空港や、区間にもよりますが大手の航空会社だと飛行機の時間というのはある程度自由になりやすく、チケットを買うときもかなり時間が自由になりやすい、というような特徴がありました。
しかし、LCCはやはり航空便の数自体がそれほど多いわけではりませんので、どうしても時間帯の選択肢の幅が狭まってしまう、という問題がかかわってくるのです。
なので、仕事で飛行機を使わなくてはいけないという場合だとどうしてもシビアな時間帯で移動しなくてはいけないこともあるのであまり向いてはいないですよね。
しかし、逆に旅行を目的にして飛行機を使う場合となると寧ろ主流な時間帯などではさすがにLCCでも航空便がありますので問題なく乗ることができる、など目的によってはそれほどデメリットにならない問題でもあるのですね。
多数ある航空会社の中から自分にピッタリな格安航空券が買えるサイトがあるので参考にして下さい。
LCCのような格安の航空機を売りにしている航空会社は、基本的には飛行機の規模が小さいのでどうしても手狭になってしまうのですが、席をしっかりと確保したりすればそれほど窮屈な思いをすることはないかと思います。
なので、機内サービスなどに対してそれほどこだわりを持っていない人やとにかく移動の所要時間を短くしたいだけの人だったら、普通にLCCを利用することで安価に飛行機を利用することができると思います。

更新情報

●2015-07-29
時間的なデメリットの情報を更新しました。
●2015-07-29
削れるところは削るのがLCCの情報を更新しました。
●2015-07-29
大手のサービスの違いの情報を更新しました。
●2015-07-29
LCCの上手な利用の仕方の情報を更新しました。
●2015-07-29
搭乗口の違いの情報を更新しました。
△PAGE TOP